子供を連れて一人で買い物に行く!そして拾い物をして腰をやられる

わたしには1歳になる息子がいます。まぁやんちゃやんちゃで、地面に足がついた途端どこかへ走り去ってしまうほど自由行動の多い息子です。そんな息子との生活で一番しんどいなと思うのが買い物です。

うちの息子は、カートには比較的おとなしく座ってくれます。でもあるものを見たら豹変したように立ち上がり渡すまで暴れまわるものがあります。それはバナナです。

家にまだ買ったばかりの物があるのに、他に持たせてもらえるまで暴れまくります。カートから落ちたこともあるので、仕方なくまたバナナを買うのです。スーパーに入ってわずか1分でくったくたになってしまいました。

これが割と毎回なので、もう最近はすぐバナナを持たせるか、バナナが見えないようなルートで買い物をしています。必死です。そして一連の買うものをかごに入れて、その日はお米も買わないといけない日でした。

お米と息子で腰を痛めることに

お米があんまり大きいとしんどいよな。と思って5キロを買いました。お会計をして袋に詰めて、意気揚々と帰宅するのですが本当の地獄はここからでした。

わたしはアパートの二階に住んでいます。お気付きでしょうか、わたしは買い物した食材、5キロのお米11キロの息子を担いで階段をのぼらなければなりません。分けていけばいいじゃないかと言う人もいる事は分かっています。でも何往復もするのはめんどくさい。なので一気に運びたいのです。

買い物をカートですると、重さを気にしずに買ってしまうので、食材もなかなかの重さです。左の腕に食材を通し、お米は右肩に担いで、息子はギリギリ入る抱っこ紐に入れて行きます。そう言う時に限って暴れる息子を抑えて進んでいると、後ろでチャリーンと音がしました。

振り返ってみるとそこには家の鍵が落ちているではありませんか。気をそらさせるために息子に渡していたものを、どうやら落とされてしまったようです。登った階段を降り、勢いをつけてしゃがんだ瞬間、ピシッっと腰がなるのが分かりました。

冷や汗出るしちょっと動けないし、こればぎっくり腰かな?と思いました。まだ28歳なのにやっちゃったかなと思っていたのですが、そこまでではなく、階段を登って行きます。登りのきついこときついこと。

腰も痛いし荷物重いし、なんで私一人でこんなに頑張らなきゃいけないんだろうって、この時に毎回思います。旦那は言えばやるけど言わなきゃ何もやらない人で、むしろ頼むと嫌な顔してくるので、私はなんでも自分でやる癖がついているのですが今回はそれが仇となりました。今でも痛くて湿布貼ってます。